ファクタリングの種類

ファクタリングの種類について

投資とファクタリングの違い

ファクタリングは、投資の一種と考える人もいますが、実は違います。投資は株式や通貨などを購入して、将来価値が上がったときに売ることで儲けを得るという手法です。それに対して、ファクタリングは売掛金を売却して即時現金に換えるものです。売り掛け先の会社が倒産をした場合の保証があるかどうかで、リコース、ノンリコースの2種類に分かれます。売り掛け先の会社が倒産してもリスクを負わないノンリコースは、審査が厳しくなること、審査時間が長くなること、手数料が多くとられることなどのデメリットがあるので、リコースのほうがよく利用されているようです。

ファクタリングの種類

大きく4種類に分かれているファクタリングは、投資とは違い、売掛金等の債権を、最短1日で現金化する方法です。まず、即現金が必要な企業におすすめの、一括の方法。そして、医療報酬債権という種類もあります。これは医療機関にとって必要な制度です。大きくみると、介護報酬や調剤報酬も、ここに分けられます。他に、保証ファクタリングと言う保険のような役割を持つものや、貿易取引を行う企業に使われる国際という形もあります。売上債権を持たない企業の場合は、これらは利用できないため、直接投資によって現金を調達する必要があります。

↑PAGE TOP